医療法人船内クリニック

院長Blog

乳がん検診について

乳がん検診について

先日 タレントの北斗晶さんの乳がんの報道以来 船内クリニックには乳がん検診希望の方が多く来院されるようになりました。よく質問されるのに“マンモグラフィー検査と乳房超音波検査のどちらが良いですか”というのがあります。そこで このコーナーをお借りして 両検査の違いについて説明致します。

マンモグラフィー検査は乳房をプラスチックの板ではさんでX線で撮影する検査です。乳がん組織は石灰化を起こしやすいですので乳腺内の石灰化を見つけるのを中心とした検査です。若くて乳腺の発達している人にとってはX線の写真に乳腺は白く写るので不向きです。したがって年齢的には40歳以上の方が適応となり乳がんと診断できる精度は約80%と言われております。デメリットは 小さい乳房ではプラスチック板ではさみこめない部分があること 放射線の被曝を受けること 痛みを伴うこと 乳腺密度の高い人は判定しにくいことです。

乳房超音波検査は超音波を使って乳房内のしこりなどを調べる検査です。辺縁がはっきりしないようなしこりに関しては不向きです。痛みを伴わないので体への負担は少ないですか現在のところ超音波検診での死亡率の減少効果に関してははっきりしたデータはなく全国的な調査が行われ検討されているところです。

また 自己検診も乳がん発見には重要な要素で乳がんと診断された方の約80%の方が自己検診にてしこりなど異常を訴えられて来院されておられます。少しでも小さいうちに発見できるよう自己検診も怠らずに行っていただきたいと思います。

携帯サイトのご案内

QR対応機種なら左のQRコードを読み取るだけで、健康携帯サイト”ファインドクター”から船内クリニックのサイトに入れます。

診療科目

初診問診票ダウンロード

サブメニュー

お気軽にお問い合わせください!!

TEL : 072-955-0678

医療法人船内クリニック

〒583-0024大阪府藤井寺市藤井寺1-9-8

【診療時間】
 月火木金土 09:00-12:00
 月火木金 17:00-19:00

【休診日】
 水曜日 土曜日午後 日曜日 祝日

【診療科目】
 産婦人科 小児科 内科